ページの先頭です。

肌なじみが良くしっとりと潤いに満ちた、ハリ・弾力のある素肌へ導く保湿機能基礎化粧品です。

MY HERO’S INTERVIEW

GUEST プロフィール
医療法人社団 緑友会理事長 歯科医師・歯学博士 半澤一明先生
1962年生まれ 東京都調布市出身
1986年 日本歯科大学卒業・修了
日本歯科大学付属病院総合診療科4臨床講師、日本歯科大学新潟病院総合診療科臨床講師、日本アンチエイジング歯科学会理事、公益社団法人日本口腔インプラント学会・社団法人日本歯科麻酔学会・米国審美歯科学会・日本歯科用レーザー学会会員。デンタルケアハンズインプラントセンター・ハンズデンタルクリニック?半沢歯科医院・はんざわ歯科クリニック院長
http://www.handsdental.com
2016年11月19、20日 日本アンチエイジング歯科学会認定BEAUTY ADVISER 2016とし、「容姿管理」を実践するための育成講座が開かれます。


半澤先生には信頼を寄せて家族全員でお世話になっています。歯科医師はどこか職人的な技術が必要なお仕事。知識はもとより、人柄や手先の器用さも大切なことかもしれません。症状を一言話して口を開けるだけで、即座に患部を抑えて下さり不快感なく、歯科医院恐怖症すらも治していただける名医。今回は私の仕事であるエステティックや化粧品などを用いた外からのアプローチの大切さと、実は骨格や内臓への大きな影響もある「歯」の大切さについて、アンチエイジング歯科学会理事理事でもある半澤先生にお話を伺います。

MY HERO’S INTERVIEW

NO.2 歯は健康の入り口。

立河:先生は趣味も多彩ですよね。

半澤:そうだね、サーフィンの他にゴルフ、車。バイクはもうやめちゃったんだよね。

立河:ハーレーに乗っていましたよね。みんなで一緒にツーリングも行きました。私も今はバイクも手放してやめてしまったんですが楽しかったですね。先生のバイクは?

半澤:友達に引き取ってもらったの。ランボルギーニオーナーズクラブの仲間でね、岡山に車とバイクを保管するための家を作った人がいて。彼なら大事にしてくれそうだなと思ってね。そのほかにはフルマラソンをやってるね。東京2回、ホノルル2回、大阪1回出場しました。

立河:マラソンもすごいですね。車はランボルギーニ(笑)

半澤:ディアブロっていうのに10年以上乗ってます。

MY HERO’S INTERVIEW

立河:そういえば先生、以前フェラーリを盗まれちゃったとか。そんな大変なことを笑い話でしてくださったことがあります。ショックだったでしょう?

半澤:うん。ショックだったけどもう仕方がないなぁ。それも厄払いだと。また頑張って働こうと思いました。(笑)

立河:あははは。先生はたくさん趣味がおありですが、中でもサーフィン歴は随分と長いそうですね。

半澤:もうかれこれ37、8年やってるね。

立河:サーフィンの魅力はどんなところ?

半澤:究極の空間に自分の身を置けることかな。普通だったら水の上には立てないよね。そこで何の動力もなくて浮いていられることや、波と一体化してその時自分がどんな技を決められるか、それが出せた時の快感はたまらないんだよね。

立河:技を決めること、そして波と一体化することがある種のリラクゼーションなのかな。

半澤:そうなんです。だからやめられない。サーフィンライフとも言うけど人生になっちゃう人もいる。そのためにバリに移住しちゃったりね。今度、種子島に「サーファーズパラダイス」というホテルを建てるんです。僕はそこのアドバイサーをさせていただいてます。

立河:種子島と言ったらサーフィンのメッカですね。

半澤:そう。そのホテルは山に囲まれていて目の前が海。まさにプライベートビーチなんですね。そこで夜にはスポットを当ててナイトサーフィンしたら幻想的で素晴らしいんじゃないかと思って提案したんです。サーフィンは今回、オリンピックにも選ばれた注目の競技です。僕はそんなロマンが好きなので自費でやらせていただいています。

立河:学生時代に培った面倒なことを買って出る精神!先生は多方面で成功に導くためのサポートをなさっていらっしゃるんですね。今の先生の旬はこのプロジェクトですか?

半澤:ところが今度は府中の駅前にビルを建築中でその中でクリニックを開業しないかというお話をいただいて、将来的には息子に任せたいというのもあったのでオープンすることに決めました。今はその設計・内装の打ち合わせなど連日しています。

立河:案件がたくさん!でもいいお父さんですね。息子さんに任せるクリニック開業とは。

半澤:大学を卒業したばかりだから、まだ先の話になるけどね。ちゃんと形にしてから渡したいと思っています。

立河:結局先生、ずーっとお忙しくしていらっしゃる。

半澤:もう引退してゆっくりしたいなぁなんて思ってたんだけどね。なかなかそうもいかなくて。(笑)

MY HERO’S INTERVIEW

立河:先生のお嬢さんは?

半澤:大学生で管理栄養士を目指しています。ボーイフレンドもいるみたいだから早く結婚してほしくてね。

立河:晩婚で出産も遅くなっている時代ですが、若いうちに結婚して家族を作るのもいいですよね。その昔、私もそんな家庭像に憧れていました。(笑)先生も奥様と大学時代からのお付き合いでご結婚されたとか?

半澤:そうなんです。大学時代から付き合って、卒業して2年くらい経って。だから26歳の時だったかな。よく喧嘩するけど今も毎晩一緒に晩酌していろんな話をしていますね。

立河:素敵なご夫婦ですね。羨ましい!さて歯科医師として素晴らしい技術をもつ半澤先生ですが、日本アンチエイジング歯科学会の理事も務めていらっしゃって。

半澤:その中でスポーツ健康部会の委員長をしています。学会にはいろんな部があり、ライフスタイル部会と一緒に来週末11月19,20日でセミナーを開くんです。今回は加藤タキさんや山本浩未さんなどをお迎えします。

立河:これはどんな学会なんですか?

半澤:今まで歯医者は歯を修理するというイメージだったと思うんです。歯を治療するという感覚から「健康の入り口を管理する」という考え方に変わりました。口は病気と健康の入り口です。この環境をよくしないのは川の上流が淀んでいるのに下流のドブ川を掃除し続けているようなものなんです。上流からきれいな水を流してあげないと川全体はきれいにならない。その健康の入り口を管理しようというのがアンチエイジング歯科学会の考え方なんです。

立河:なるほど。「歯は健康の入り口。」

半澤:今まで美容というと表からのアプローチばかりでしたよね。化粧も美容整形もそうです。ですが体の中の細胞レベルからアプローチすることが重要という考え方から、肌や見た目年齢を若返らせるということなんです。 学会にはフード部会というのもあります。ジャンクなものばかりを食べていれば健康を害し肌や見た目年齢も悪くなってしまいます。食べるものを改善し、栄養バランスも考えた食事をとるというのも学会の考え方なんですね。

取材/文 タチカワ ノリコ
Photo Kaoru Yamamoto

MY HERO’S INTERVIEW

To be continue Vol.3

MY HERO’S INTERVIEW

⇒【バックナンバー】

Page top