ページの先頭です。

肌なじみが良くしっとりと潤いに満ちた、ハリ・弾力のある素肌へ導く保湿機能基礎化粧品です。

MY HERO’S INTERVIEW

GUEST プロフィール
橋本秀昭・ひろみご夫妻
1989年ご結婚。今年27歳になる息子さんがいる。
橋本秀昭さん 1961年 埼玉県生まれ。本郷高校卒。大学浪人中、スタントマンへの道へ。その傍らホテルニューオータニ館内にあるコーヒー専門店を任され、コーヒーを極める。現在2店舗のスペインバルオーナーで先駆者。
橋本ひろみさん1961年 東京生まれ。戸板女子短期大学卒業後OLを経て結婚。

FRANKSTON 中野区中野5-56-11 電話03-3386-2018
welfun Café 渋谷区西原3-24-12 電話03-3460-3018


私の心の拠り所。スペインバルの先駆者であるセニョールこと、橋本さんと奥様のひろみさんはとても温かくて素敵な御夫婦。私のテンションを見ながら選んで出してくださるシェリーは絶品。肝臓の薬と聞いてからは尚更愛飲するようになりました。大好きなイベリコ豚の生ハムにピンチョス、魚介もこだわりのお野菜もEstá rica!シメはチャルメラかパエリア。元気をくれるこのお店はパワースポットそのものです。

MY HERO’S INTERVIEW

NO.1 芝居と結婚。そしてカフェ。

立河:セニョール(橋本さん・以下セニョール)、お忙しい中今日はありがとう。よろしくお願いします。

橋本:のりちゃんじゃないと断ってたよ。(笑)

立河:ごめんねー!!(笑)改めてセニョールのプロフィール聞かせてもらうと、なんとスタント俳優だったんですって?

橋本:大学浪人中に、このまま進学しても遊んでお終いだなって思ってね。じゃあ、俺に何ができるんだ?って考えた時に体を動かすスタントマンだって。声を買われてプロダクションに入ったんだけどいじめにあってね。だけどなんだこいつら、こんな奴らには負けねぇ、全員絶対抜いてやると思って必死に芝居やったよ。それを認めてもらって劇団作って団長になって。その舞台で飛んだり跳ねたりして。24歳の時に三越ロイヤルシアターで新国劇の島田正吾さんと共演もさせてもらった。

立河:素晴らしい!負けないその根性だよね。活躍していたスタント俳優からどうしてカフェで働くように?

橋本:小さい頃から親父が飲むコーヒーの香りが大好きでさ。近所の喫茶店から漂ってくる香りもたまらなかった。それで中学生の頃から大人ぶって兄貴のトレンチコート着てサングラス姿で喫茶店巡りを始めたの。(笑)19の時、全然違うアルバイトを探していたんだけどひょんなことで入った青山のカフェがものすごく気に入って「バイトやらせてくんねぇかな?」って。なんだこいつって顔されたよね。当たり前だよね。(笑)

立河:それ、頼む態度じゃないよね。(笑)

橋本:まだ血気盛んで若かったからさ。(笑)それがカフェで働くきっかけなんだけど、スタントをやりながらそれだけじゃ食べていけないからホテルニューオータニのカフェでアルバイトをしていたの。スタントだから、万が一怪我したらもう仕事できないでしょ。それもあって将来は副業としてカフェをやろうと思ってたんだ。

MY HERO’S INTERVIEW

立河:その頃に奥様のひろみさんと出会ったそうですね。ひろみさんは何をしていたの?

ひろみ:短大を卒業してとりあえず、遊ぶために働かなきゃっていうので一般事務のOLをしていたの。仕事が好きで働いていたわけではなくてね。(笑)

立河:あははは。私もOL時代はそんな感じ。それでセニョールと会って?

ひろみ:晴れて寿退職。(笑)私、趣味でずっとジャズダンスをやっていたんだけど先生のご主人の友達がマスター(橋本さん)だったのよ。それで、前の彼氏と別れてフリーだったときに紹介してもらったの。とは言っても、約束してから3回目にようやく会えたんだけど。

立河:3回目?

ひろみ:マスターを紹介してもらうことになったとき、マスターが入院しちゃって。それが1回目。2回目の時は、元カノとヨリが戻ったって言って。(笑)

立河:あははは!それで3度目の正直でようやく会えたんだ。どのくらいかかって会えたの?

ひろみ:1年以上経ってたわね。

立河:それも神様のいたずらだよね。

ひろみ:神様が遠回りさせたわよね。(笑)

橋本:それが良かったんじゃないの?

ひろみ:そうね。その時すんなり会ってたらもしかして結婚してなかったかもしれないもんね。

立河:二人は出会ってどのくらいで結婚したの?

ひろみ:付き合い始めて1ヶ月で結婚決めて、半年後に入籍したの。

立河:この人と結婚するって感じた?

ひろみ:うん。よく言う電気が走る、みたいな衝撃ではなくて、付き合い始めて会ってるうちにかな。

橋本:段々とだね。

立河:たった1ヶ月に段々とっていうのは二人の中でとても濃い時間を過ごしたんだね。

ひろみ:ほとんど毎日会ってたよね。

橋本:ひたすら働いてきたから、頼むからこんな時くらい早番で上げてくれって頼んでね。(笑)朝は6時に起きてニューオータニに出勤してお店オープンの準備、残業がないようにピッチを上げて働き、夕方5時半には上げてもらい、すぐに車でこの人を迎えに行くのを毎日。

ひろみ:そうしていくうちに、二人の中で気持ちがどんどん高まっていったんだろうね。それですぐに結婚ってことになったよね。なんだかね。(笑)

立河:結婚するまでの時間にマリッジブルーになったり、あれ?これ勢いにのっちゃってるだけ?とか思わなかった?

ひろみ:そういうのはなかったよね。ただ一緒にいたいって気持ちだったの。

橋本:そんなの考える時間を与えなかったよ。(笑)

ひろみ:お互いに働いていたから会える時間も限られてるじゃない?だからとにかく早く一緒に暮らしたいって思ってたな。

MY HERO’S INTERVIEW

立河:実際に結婚してみてからは?恋愛期間が短くて結婚すると、夢から覚めちゃうような感覚で何かが違うって思わなかった?

ひろみ:それがないのよ。だって結婚してすぐに妊娠しちゃったから。(笑)

立河:それも神様が授けてくれたご縁だね。

ひろみ:とにかく私、つわりがひどくてずっと具合が悪かったから、マスターに対しての文句も、結婚がこんなはずじゃなかったとか、いろいろ考える暇なんてなかったの。(笑)

立河:そっかぁ。子は鎹だね。

橋本:そうだね。子供がいなかったらヤバかったかもしれないよね。(笑)遊び好きだし、この人は友達がいっぱいいるしね。

ひろみ:子供がいて本当によかったのよ。私は子育て、マスターは仕事。二人とも忙しいし。

橋本:あの頃は4軒のマネージャーで朝8時から夜中の2時まで働き詰め。この人が子育てで忙しいときに、俺もものすごく働いてた。だから体壊してね。稼いではいたけどこれじゃ体がもたないと思って、それで独立したんだ。

立河:そうだったの。

橋本:ニューオータニの仕事から独立して最初の1軒目、中野のフランクストンが軌道に乗ったとき、やっぱりどうしても芝居がしたくて1年間だけ芝居の仕事を再開させてもらったんだ。

立河:それなのにどうしてスタントをやめてカフェ1本にしたの?

橋本:ずっと体は鍛えていたの。ある日、酔っ払ってマンションによじ登ったり、スルスル降りたりって身軽に動いてたんだけど、柵を乗り越えたら下が崖でさ。ひどい怪我をしたんだよ。それでスタント俳優は諦めたの。それから2軒目のここ(代々木上原・ウェルファンカフェ)を開いて。

立河:あははは。舞台での怪我じゃなく?それでこの2軒のお店をしっかりとやっていこうと?

橋本:そう。(笑)その時、本業をスタントからカフェにするって決心したんだよね。

取材/文 タチカワ ノリコ
Photo Kaoru Yamamoto

MY HERO’S INTERVIEW

To be continue Vol.2

MY HERO’S INTERVIEW

⇒【バックナンバー】

Page top